目黒区 小児科 予防接種 乳幼児健診 祐天寺駅

小児科
祐天寺おひさまこどもクリニック
〒153-0052 東京都目黒区祐天寺2-7-23
ラポルト祐天寺201
TEL.03-3716-0130 
祐天寺バス停徒歩0分
駐輪場完備

当院の予防接種サポートがあれば、接種忘れの心配もなく、安心して子育てに集中できます。

予防接種デビュー
祐天寺おひさまこどもクリニック

東急東横線 祐天寺駅東口より
徒歩5分の小児科です

クリニック案内

医院名
祐天寺おひさまこどもクリニック
診療科目
小児科
  • 一般小児科疾患
  • 乳幼児健診
  • 予防接種
院長
吉田 雅樹
住所
〒153-0052
東京都目黒区祐天寺2-7-23
ラポルト祐天寺201(エレベーター有)

電話番号
TEL.03-3716-0130
診療時間
月・火・木・金曜日
  • 午前:8:00-12:00
  • 予防接種・乳幼児健診:14:30-16:00
  • 午後:16:00-19:00
土曜日
  • 予防接種・乳幼児健診:8:00-9:30
  • 午前:9:30-12:30
※水曜・日曜・祝日休診

来院時に必要なもの

  • 健康保険証
  • 医療証
  • 母子手帳
  • お薬手帳※
※現在治療中の方は、飲んでいるお薬が分かるものを持参してください。

麻しん、風しん(MRワクチン)

麻しん

  麻しんウイルスという感染力が極めて強いウイルスが原因の感染症です。一般的には「はしか」とも呼ばれます。高熱、鼻水、咳、くしゃみ、目やになどの症状が3~4日続いた後、口の中の粘膜に白い発疹が出始め、やがて全身に赤い発疹が広がります。

  合併症として気管支炎、中耳炎を引き起こすことがあります。また、脳炎、肺炎などを起こすこともあります。

風しん

  風しんウイルスという感染力が非常に強いウイルスが原因の感染症です。発熱とほぼ同時に発疹が出ますが、熱が出る数日前に首のリンパ節が腫れて痛みます。年長児や大人では、年少児より症状が重くなる場合が多くみられます。

  また、妊娠初期の妊婦が風しんにかかると、胎児に先天性風しん症候群が起こることがあります。胎児も風しんウイルスに感染し、白内障、心疾患、難聴、精神や身体の発達の遅れなどが見られる症候群です。先天性風しん症候群の発症は、妊婦が風しんに対して免疫(抵抗力)があれば防ぐことができますので、妊娠可能な年齢になる前に予防接種を受けることが大切です(ただし、妊娠中は風しんの予防接種を受けることはできません)。

MRワクチンは、麻しんウイルスと風しんウイルスの病原性を弱めたものを混合してつくられた生ワクチンで、皮下に注射します。

注射部位が腫れたり、赤くなったり、しこりができることがあります。接種直後から数日中に、発熱や発疹がみられることがありますが、1~3日で治ります。接種後5~14日くらいに、発熱や発疹がみられることもあります。